積水ハウス、「iPad」が可能にした震災対応

「熊本地震」翌日に専用アプリを配布

実際には、使い勝手や効率性を左右するインターフェースと、既存のエンジニアのノウハウを生かせるデータベースアクセスの2つに分けて、スピーディでローコストの並列開発を行い、だんだんデータベースを担当していたエンジニアもインターフェース開発に取り組むようになった。

iPad導入で「働き方」が変わった

iPadは、積水ハウスの社内の働き方も変えている。上田氏によると、 平均残業時間は毎月15時間削減され、休日出勤も月平均0.5日削減されたという。

iPadやiPhoneでは、社外アプリの私的利用については、SNS以外の制限をしていない。とにかく使うことが大切で、働き方の中に深く根差すことを優先しているという。熊本地震アプリに、現場の担当者がすぐに対応できたことも、こうした日々の活用の成果だった。

社内の物件データベースを読み出すことができるアプリでは、地図上の場所、建物外観、設計図、使用されている部材などをすぐに表示することができる(筆者撮影)

現場の営業担当者である、東京南シャーメゾン支店長の黒川剛氏は、社内で配信されているアプリを利用して、たとえば地図アプリの航空写真と防災実験の様子、建物の3Dモデルを組み合わせたビデオを作成して顧客に見せることができるようになり、プレゼンテーション能力が大きく上がったという。

「土地活用の営業では、お客さまにITやビジネスに詳しい方も多いため、質問を会社に持ち帰らず、その場で実例などをお見せできる点が高く評価され、信頼につながることが増えています」

また設計部門では、現状、図面をiPadで作成するには至っていないが、打ち合わせの際のアイデアをiPadのスケッチアプリで示すなど、活用が始まっている。加えて、設計の承認には全職責者の承認が必要となるが、iPadを持ち歩いているため、どこでも承認を取ることができるようになった。

活用や独自のアプリ開発も含めて、「スピード」と「使い勝手」、そして「働き方の変革」が根底にある積水ハウスのテクノロジー活用。アプリの数、アップデートの数だけ、業務が効率化されていく様子をつぶさに見ることができる事例と言えるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT