スマホの主戦場、アジアで広がる”消耗戦”

モバイル端末の主戦場はアジアに

7月23日、市場規模2兆ドルとなったモバイル業界は今、成長の軸をアジアを中心とした新興市場にシフトさせている。写真はサムスンとアップルのスマートフォン。ソウルで5月撮影(2013年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[シンガポール 23日 ロイター] - 過去5年で爆発的に伸びた高性能スマートフォンの販売台数が頭打ちになるなか、通信キャリアや端末メーカー、コンテンツプロバイダーなどを合わせると市場規模2兆ドルとなったモバイル業界は今、成長の軸をアジアを中心とした新興市場にシフトさせている。

成熟市場では、通信キャリアからの販売補助金が高性能端末の売り上げを後押ししてきたが、次の成長を見据える新興市場では、コスト意識の強いユーザーは、低価格な端末で安価なサービスに通信料を抑えてアクセスすることを望んでいる。

国際電気通信連合(ITU)の推計によると、モバイル端末からのインターネット利用者数は、先進国では2007年以降に4倍増となったが、発展途上国では同じ期間に27倍に増えた。2013年には、発展途上国での利用者数が先進国を追い抜くという。

こうした変化は、米アップルや韓国サムスン電子<005930.KS>など大手スマホメーカーの利益率には試練となる。

サムスンが先に発表した第2・四半期の営業利益見通しは、高性能スマホの需要減速を背景に市場予想を下回った。アップルは、ユーザー層の拡大に向け、カラーバリエーションを増やした低価格版「iPhone(アイフォーン)」を発売するとうわさされている。

両社とも危機的な状況には直面していないが、成熟市場ではすでにスマホは消費者にかなり普及している。調査会社IDCによれば、1─3月期の欧州のスマホ出荷台数は前年比12%増と、同社が統計を取り始めた2004年以降で最も低い伸びとなった。

次ページ新しいカテゴリーの誕生
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT