「貯金できない人」が甘くなりがちな出費5つ

本当にそれに使う必要がありますか?

4.自動車ローン

負担は重いのに意外と気にされないのが自動車ローンです。借りる金額自体は住宅と比べて1ケタ少ないものの、返済期間が短いため毎月の支払いが高額になりがちです。自動車ローンは、住宅ローンと比べて金利も高いのですが、自己資金の少ない子育て世代には分割払いが魅力的。さらに最近は5年後に買取り前提での支払いとなるため、通常の自動車ローンよりも毎月の負担が少なくなります。

おカネが貯まらないのに自動車を買って、しかも金利が付いてくる。将来的に住宅購入を視野に入れている人は、特に注意しましょう。自動車ローンの支払いがあると、住宅ローンが満額借りられないことがあります。

5.自動車維持・管理

税金、車検、修理、保険、ガソリン代、高速代と数えだすとたくさん出てくる自動車関連支出。クルマを持たない人にはわからない、保有コストが家計を知らぬ間に圧迫します。当たり前の支出に慣れるとおカネが貯まらないどころか、おカネがどんどん出ていきます。本当にクルマが必要なのか、レンタカーやタクシー、公共交通機関で代用できないかよく考えましょう。ファミリー世代では、自動車ローンとダブルで重い負担となるケースが多いです。

支出を抑えるコツは?

上記に挙げたような一生に1回、あるいは、年に1回程度の支出だと、金額の大きさが毎月のやりくりと別枠になりがちです。この「別枠」が身の丈以上に膨らんでしまうようでは、毎月どんなに頑張ってやりくりしても、貯まるものも貯まりません。

支出をコントロールする方法は3つしかありません。

(1)断念する

わかりやすいですね。あきらめるのです。帰省しない。旅行に行かない。自動車を買わない。それだけです。非常に簡単です。辞めるかどうかを決めるだけなので、決断コストも発生しません。今行かなくてもいいのです。いつか行けます。今買わなくてもいいのです、そのうち買えます。そのうち行きたくなくなります。そのうち買いたくなくなります。おカネ貯めたいんですよね?

(2)単価か頻度を下げる

取り組みやすい方法です。家を買うなら新築じゃなくて中古にする。年に2回の帰省を年に1回にする。海外旅行を国内旅行にする。新車を中古車にする。普通乗用車を軽自動車にする。グレードや回数を下げることで、行為自体は維持する方法です。中古車なら買わない。グレードを下げるくらいなら買わないのであれば、そもそも購入による機能は必要がないのです。あったらいいなは、なくてもいいのです。

次ページ盆や正月にしか休めない場合は…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT