ぐっちーさん「トランプ大統領は全くダメだ」 世間は評価しているが「何もできていない」

印刷
A
A

また、マイケル・フリン補佐官の更迭も、極めてお粗末でした。トランプ大統領はこれを例によって「フェイクニュース!」と言って糾弾しましたが、結局リークした元がCIA(米国中央情報局)とFBI(米国連邦捜査局)だったことが判明。「事実」だと認めたからこそ更迭したわけですが、これを(ネタ元がCIAやFBIのものを)フェイクニュースと言ったわけです。しかも、「事実はあったが報道されたニュースはフェイクだ。マスコミの流すニュースはうそばかりだ」と言い出し、あまりの論理性のなさにメディアから非難が殺到しました。

「ダメじゃないか」と思うのが普通

揚げ句の果てに、最近のインタビューでは「私は歴代大統領の中で最も得票の多かった大統領だ」、などと言い出しました。前に東洋経済オンラインでも説明したとおり、彼は4年前のミット・ロムニー氏の得票数とほぼ同数で、オバマ前大統領の得票数にすら遠く及ばないわけですが、記者会見では何度もこのネタを披露し、相手の記者からの指摘をすべて無視する傍若無人ぶりを発揮しています。

あまりにも事件が多すぎて、もう忘れられた方も多いかもしれませんが、西海岸シアトルの百貨店ノードストロームが、娘のイヴァンカのファッションブランドの取り扱いをやめたことにツイッターで食いついて(これ大問題です)、さらに身内のコンウェイ(大統領顧問)がそれを擁護する……安倍首相が、仮に夫人が経営されている「UZU~うず~」(東京・千代田区)に「飲みに行ってください!」と言ったら、そりゃダメでしょ!?

要するに、この短期間に成果がゼロどころか、フリンは辞任するわ……で、いまだに局長級の人事は何一つ固まっていない一方で、不祥事(失点)はこれだけ出てきているというわけです。そりゃ、ダメなんじゃないかと思うのが、むしろ普通じゃないでしょうかね。

ちなみに、先ほど触れたように、金融危機が勃発した2008年に選挙戦を勝ち抜いたオバマ前大統領は、あの大混乱のさなか、就任してからすぐのこの時期にさまざまな政策を「実行」しています。どんなことをしたのでしょうか。

次ページ次々と政策を実行したオバマ前大統領
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT