「アクア」と「ヴィッツ」は何が似て非なるのか

トヨタが小型ハイブリッド車を並べる理由

今回のマイナーチェンジでも、新構造のショックアブソーバー採用に加え、スポット溶接増し打ちなどによるボディ剛性強化、インストルメントパネル周辺補強材の板厚アップにより、優れた操縦安定性と乗り心地を両立したとされる。走りを重視する姿勢をさらに明確にしているのだ。

ヤリスでWRCに参戦

今年からヤリスでWRCに参戦

こうした方向付けは、トヨタが今年からヤリスで世界ラリー選手権(WRC)に参戦していることと無関係ではないはずだ。トヨタは1970年代からWRCに参戦し、1990年代にはセリカでチャンピオンを獲得したこともある。ヤリスはその系譜を受け継いで今年投入。2戦目のラリー・スウェーデンで早くも初優勝を果たすなど、ポテンシャルの高さを発揮している。

WRCは世界格式のイベントではあるものの、全13戦中10戦は欧州開催であり、とりわけ欧州での人気が高いモータースポーツだ。数え切れないほどの多くの車種を持つトヨタが、その中からヤリスをWRCの車両に抜擢したのは、欧州での主力車種として育てていきたいという気持ちの表れではないかと見ている。

さらに今月開催されるジュネーブモーターショーで、トヨタはスポーツモデル「ヤリスGRMN」を発表した。スーパーチャージャー付き1.8リットルエンジンは210馬力を発生するという。WRC参戦車両のレプリカモデルという位置づけになるだろう。このスポーツモデルが日本でも販売されれば、ヴィッツとアクアの差別化はより明確になってきそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。