103系電車は今も人命救助を陰で支えている

見慣れた通勤電車が救助訓練の教材に

JR西日本の社員(左端)も参加し、車両の扱い方をアドバイスする(筆者撮影)

「救助科の専科教育は、年2回開催されています。そのため、鉄道車両を使ったこの授業が行われるのも年に2回ですが、例えば新人隊員を対象にした『初任教育』で、高所へ上るためのハシゴのかけ方を指導する際など、他にもさまざまな場面で活用しています」(渡辺課長)

最近は救助機材はもちろん、鉄道車両の技術進歩も早く、救助手順がどんどん変わっているという。

「私たちの任務は『何も犠牲にせず、救助対象者を救うこと』です。要救助者はもちろん、周囲の人やモノ、そして他の救助隊員も、二次災害に巻き込むようなことがあってはならない。新型車両の情報を集めたり、構造や特性を理解して、不慮の事故が起こらないようにすることも、大切な業務です」(船間教官)

引退後に担う大きな使命

「ホームドアの設置など、鉄道会社側でも事故を減らす取り組みが徐々になされていますが、転落事故はまだまだ多発しています。もし人が転落したり、踏切に閉じ込められているのを見かけたら、ためらわずに非常通報ボタンを押してください。さらに、ホームで障がいのある方やフラフラと歩いている方を見かけたら、ぜひ声を掛けて手助けをしてほしい。あなたの一言で、事故が防げるのです」(渡辺課長)

人の命を救うため、訓練に励む消防隊の人々。そんな彼らを、引退後に大きな使命を与えられた1両の鉄道車両が、これからも陰で支えていくことだろう。

(※なお、この103系は、大阪府立消防学校の訓練施設として敷地内に設置されており、一般への公開はされていない。業務や訓練の支障となるため、同校への問い合わせや見学の申し込みはご遠慮いただきたい。)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。