ベントレー「マリナー」の知られざる伝統

「特別な1台」を作り出す注文製作の凄み

ベントレーモータースジャパンは2月15日、限定モデル「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」を発表した。このクルマを手掛けたのは、英国本社のビスポーク部門「マリナー」。ベントレーを長年支えてきた名門コーチビルダーの末裔だ。

450年の歴史を持つマリナー一族

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フェラーリの「テーラーメイド」。ランボルギーニの「アド・ペルソナム」。アストンマーティンの「Q by アストンマーティン」。そしてロールス・ロイスのずばり「ビスポーク」など、昨今の超高級カーブランドではオーナーの嗜好を反映した特別な1台を製作するビスポークプログラムが活況を呈している。

そんな中、ベントレーのクルー本社工場内におけるビスポーク(注文製作)部門として活動するのが「マリナー(Mulliner)」だ。今回、そのマリナーの本国スタッフによるプレゼンテーション、および同部門の手がけた限定モデル「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」の発表会が、2月15日に東京都内で開催された。

マリナーというブランドネームに聞き覚えのない方も多いかもしれないが、これは英国を代表する名門コーチビルダー(ボディ製造工房)である「H.J.マリナー」を筆頭とするマリナーファミリーの正統な後継者であることを示したものである。

次ページコーチビルダーとして初めて認知されたのは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT