「ウィン10は過度に個人情報を収集している」

EU当局がプライバシー設定に懸念を表明

 2月20日、欧州連合(EU)の個人情報保護当局は、米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」について、プライバシー設定に依然懸念があると指摘した。写真はウィンドウズ10のディスプレー、ニューヨークで2015年7月撮影(2017年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)の個人情報保護当局は20日、米マイクロソフト<MSFT.O>の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」について、プライバシー設定に依然懸念があると指摘した。

EU28カ国当局で構成する作業部会は昨年、文書でマイクロソフトに対し、ウィンドウズ10のデフォルトのインストールや、利用者のデータ取り扱いに際して利用者の意向が反映されない仕組みの問題点を指摘。データ取り扱いに、広告を含めた多様な目的があることを一層詳細に説明するよう求めた。

作業部会は声明で、「ウィンドウズ10の変更された提案を踏まえても、利用者の個人情報保護の水準を懸念している」と強調した。

これに対し、マイクロソフト側のコメントは得られていない。

EU各国当局は既に、ウィンドウズ10の調査に着手。フランス当局は昨年7月、マイクロソフトに対して過度な個人データの収集をやめるよう命じた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。