金正男殺害、「2人目」容疑者の女工作員逮捕

遺体の司法解剖中止を北朝鮮が要請していた

 2月16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連して、2人目の容疑者とみられる女を逮捕したと、同国の警察当局が16日発表した。写真は、正男氏の遺体が安置されているクアラルンプールの病院を後にする北朝鮮の車。15日撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

[クアラルンプール 16日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連して、2人目の容疑者とみられる女を逮捕したと、同国の警察当局が16日発表した。

それによると、同容疑者はインドネシアのパスポートを所持していた。

韓国の情報当局は、正男氏がマレーシアで北朝鮮の女性工作員2人によって暗殺されたとみている。正恩氏は正男氏の暗殺を以前から指示していたという。情報当局の説明を受けた議員らが15日、明らかにしていた。死因は毒殺とみられている。

16日朝の時点で、 北朝鮮の国営通信は正男氏の死を伝えていない。

3人のマレーシア政府筋によると、正男氏の司法解剖をやめさせようとする北朝鮮当局者をマレーシア当局ははねつけたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT