米国の1月消費者物価指数は0.6%の上昇

前月比伸び率は3年11カ月ぶりの大きさに

 2月15日、1月の米消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比で0.6%上昇と2013年2月以来、3年11カ月ぶりの大幅な伸びとなった。NY市で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が15日発表した1月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比で0.6%上昇と2013年2月以来、3年11カ月ぶりの大幅な伸びとなった。前年同月比は2.5%上昇で12年3月以来の大きな伸びだった。市場予想は、前月比が0.3%上昇、前年同月比が2.4%上昇だった。

世界的な需要の高まりを背景にエネルギー製品やその他の一次産品の価格が持ち直しており、全体としての物価も上昇傾向にある。

12月のCPIは前月比が0.3%、前年同月比が2.1%の上昇だった。

1月は変動の激しい食品とエネルギーを除いたコアCPIが前月比で0.3%、前年同月比は2.3%それぞれ上昇した。12月は前月比が0.2%、前年同月比は2.2%の上昇だった。

1月はガソリンが前月比7.8%値上がりし、CPI全体の上昇の半分近くを占めた。12月は2.4%上昇だった。

食品は0.1%の上昇。昨年12月まで6カ月連続で横ばいだった。家庭用食品は横ばい。昨年12月まで8カ月連続で値下がりしていた。

コアCPIの構成要素では、家賃が0.3%上昇した。昨年12月も0.3%の上昇だった。帰属家賃は0.2%の値上がりだった。昨年12月は0.3%上昇だった。

1月の医療費は0.2%値上がり。病院での医療サービスや処方せん薬の価格は、それぞれ0.3%値上がりした。

自動車は0.9%の値上がりで、09年11月以来の大きな上昇率となった。

連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注視する個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比で1.7%の上昇にとどまっており、FRBが目標とする2%を下回っている。ただ、インフレが徐々に加速し、労働市場が引き締まっていることから、FRBは今年、政策金利を少なくとも2回は引き上げることができるかもしれない。

FRBのイエレン議長は14日、議会上院での証言で「緩和措置の解除を待ち過ぎることは賢明ではない」と述べた。

FRBは今年3回の利上げを想定している。昨年12月には政策金利のフェデラルファンド(FF)金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、年0.50−0.75%とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT