安倍首相、北朝鮮のミサイル発射を非難

トランプ大統領「100%日本支持」

 2月12日、安倍晋三首相は、訪問先の米フロリダ州パームビーチでトランプ米大統領と会見し、北朝鮮のミサイル発射を「断じて容認できない」と強く非難した。写真は同日、パームビーチの大統領別荘で共同声明を発表する日米両首脳(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日、訪問先の米フロリダでトランプ米大統領と会見し、北朝鮮のミサイル発射を「断じて容認できない。北朝鮮は国連決議を完全に順守すべきだ」と強く非難した。

そのうえでトランプ大統領が「米国は常に100%、日本とともにあると明言した。その意思を示すために今、私の隣りに立っている」と表明。「私とトランプ大統領は日米同盟をさらに緊密化し、強化していくことで完全に一致した」と強調した。

トランプ大統領も「米国は、同盟国である日本を100%支持していく」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT