安倍首相、北朝鮮のミサイル発射を非難

トランプ大統領「100%日本支持」

 2月12日、安倍晋三首相は、訪問先の米フロリダ州パームビーチでトランプ米大統領と会見し、北朝鮮のミサイル発射を「断じて容認できない」と強く非難した。写真は同日、パームビーチの大統領別荘で共同声明を発表する日米両首脳(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日、訪問先の米フロリダでトランプ米大統領と会見し、北朝鮮のミサイル発射を「断じて容認できない。北朝鮮は国連決議を完全に順守すべきだ」と強く非難した。

そのうえでトランプ大統領が「米国は常に100%、日本とともにあると明言した。その意思を示すために今、私の隣りに立っている」と表明。「私とトランプ大統領は日米同盟をさらに緊密化し、強化していくことで完全に一致した」と強調した。

トランプ大統領も「米国は、同盟国である日本を100%支持していく」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。