三越伊勢丹HD、ニッコウトラベルにTOB

物販だけでは限界、「コト消費」対応強化

 2月10日、三越伊勢丹ホールディングス は、ニッコウトラベル を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。写真は都内で2007年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は10日、ニッコウトラベル <9373.T>を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。

TOB期間は2月13日から3月23日。TOB価格は1株390円。これは、2月9日までの直近1カ月の終値単純平均301円に対して29.57%のプレミアムが付いている。株式取得金額は36億円。

ニッコウトラベルの創業者である久野木和宏氏など計43.33%の株式はTOBに応募することで合意している。

ニッコウトラベルは、60歳以上の富裕層を主要顧客としており、百貨店業との顧客層の親和性が高い。三越伊勢丹も自社で旅行業を手掛けており、ニッコウトラベルを買収することで強化を図る。

三越伊勢丹の旅行業は約60億円、ニッコウトラベルは約40億円の規模。伊倉秀彦・経営戦略本部部長は会見で、同グループの旅行事業について「将来的に1.5倍や2倍という規模にしたい」と述べた。

三越伊勢丹のファイナンシャルアドバイザーは野村証券、ニッコウトラベルはAGSコンサルティング。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。