三越伊勢丹HD、ニッコウトラベルにTOB

物販だけでは限界、「コト消費」対応強化

 2月10日、三越伊勢丹ホールディングス は、ニッコウトラベル を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。写真は都内で2007年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は10日、ニッコウトラベル <9373.T>を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。

TOB期間は2月13日から3月23日。TOB価格は1株390円。これは、2月9日までの直近1カ月の終値単純平均301円に対して29.57%のプレミアムが付いている。株式取得金額は36億円。

ニッコウトラベルの創業者である久野木和宏氏など計43.33%の株式はTOBに応募することで合意している。

ニッコウトラベルは、60歳以上の富裕層を主要顧客としており、百貨店業との顧客層の親和性が高い。三越伊勢丹も自社で旅行業を手掛けており、ニッコウトラベルを買収することで強化を図る。

三越伊勢丹の旅行業は約60億円、ニッコウトラベルは約40億円の規模。伊倉秀彦・経営戦略本部部長は会見で、同グループの旅行事業について「将来的に1.5倍や2倍という規模にしたい」と述べた。

三越伊勢丹のファイナンシャルアドバイザーは野村証券、ニッコウトラベルはAGSコンサルティング。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT