トランプ大統領は日本に何を言ってくるのか

繰り出しそうな政策を事前検証してみた

※スマートフォンでは表を横にスクロールすることができます

これらの通商関連法の執行では、為替問題のほか、トランプ大統領が「日本は不公平だ」と批判した自動車貿易も対象になる。実際に日本の問題でトランプ政権は通商法上の執行強化に持ち込むことは可能なのか。

米州住友商事ワシントン事務所の渡辺亮司シニアアナリストは「通商法の執行強化は、米国の貿易赤字が大きくアウトソーシング先と批判される中国が主なターゲットとなる見込みで、日本は可能性が低い」と説明する。確かに最も発動の確率が高い反ダンピング関税や相殺関税は、すでに足元で中国製の大型タイヤをめぐる動きがあり、政府補助金の問題を含めて対中国の切り札になりそうだ。

このうち、日本については「仮にその対象となった場合、通商法上の執行強化では2つのリスクがある」と渡辺シニアアナリストは指摘する。

次ページ日本に向けられる可能性があるのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。