トランプ大統領は日本に何を言ってくるのか

繰り出しそうな政策を事前検証してみた

※スマートフォンでは表を横にスクロールすることができます

これらの通商関連法の執行では、為替問題のほか、トランプ大統領が「日本は不公平だ」と批判した自動車貿易も対象になる。実際に日本の問題でトランプ政権は通商法上の執行強化に持ち込むことは可能なのか。

米州住友商事ワシントン事務所の渡辺亮司シニアアナリストは「通商法の執行強化は、米国の貿易赤字が大きくアウトソーシング先と批判される中国が主なターゲットとなる見込みで、日本は可能性が低い」と説明する。確かに最も発動の確率が高い反ダンピング関税や相殺関税は、すでに足元で中国製の大型タイヤをめぐる動きがあり、政府補助金の問題を含めて対中国の切り札になりそうだ。

このうち、日本については「仮にその対象となった場合、通商法上の執行強化では2つのリスクがある」と渡辺シニアアナリストは指摘する。

次ページ日本に向けられる可能性があるのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング