首脳会談で安倍首相が反撃するのは困難だ

今は「相場の急変」に備え現金を厚く持つべき

トランプ大統領は就任直後から次々に新しい政策を打ち出している。写真は1月26日、フィラデルフィアの空港に到着したときの様子(写真:Reuters/Jonathan Ernst)

6日の日経平均株価は前週末比58円高の1万8976円で引けた。世界のマーケットはそれなりに堅調だ。だが「一体、これから世界はどうなっていくのだろうか」。そう不安に感じる読者も少なくないことだろう。米国の新大統領に就任したトランプ氏の言動が、毎日のようにメディアを賑わしている。また、彼の口から飛び出す発言が、市場をも振り回すようになっている。

自説を曲げないトランプ大統領

当初は、票目当ての口約束かと思った人も多かったはずだ。だがTPP(環太平洋経済連携協定)離脱や入国審査の厳格化など、選挙期間中の公約が次々に実行に移されており、そのスピードたるや、多くの人々の想像をはるかに超えている。発言やその行動の素早さからわかることは、トランプ大統領は本気であり、自身のポリシーに基づき結果が出るまで自説を押し通し、やり続けるだろうということだ。

彼の著作などを読むと、トランプ大統領は現在の米国の凋落の原因はオバマ政権の愚行にあり、さらに中国や産油国などに米国が利益をむしり取られたと認識しているようだ。もちろん、日本へも批判の目が向いている。
つまり、すでに数年も前から、トランプ大統領は現在掲げている、あるいはすでに実行した一部の政策について、言及していたのである。

トランプ大統領の認識がすべて正しいとはとても思えない。だが彼の考えを変えるのはかなり難しいように感じる。また悪いことに、レーガン元大統領を称賛・尊敬していることを隠さず、ことあるごとにレーガン政権の政策を持ち出している。

現在と当時では、経済環境や時代背景が全く違うはずだが、この点については聞く耳を持たないだろう。なぜなら、「米国第一」の考えに基づき、すべての事項について米国が優位になるようにしたいのが、彼の目的だからである。このような人物が、米国という世界最大の経済大国のトップに就任してしまった。少なくとも、いまはトランプ大統領の人となりを理解しておくことが肝要だ。

次ページ日米首脳会談で日本が反撃に出るのは難しい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。