東京でローストビーフラーメンが流行る理由

健康志向やSNS映えで新しい客を呼び込む

「ローストビーフ油そば ビースト」の看板メニュー「ローストビーフ油そば ダブル」

「ダブルスープ」「つけ麺」――。一定の周期で日々変化していくラーメンをめぐるブーム。激戦区の東京で今、ひそかに新しいトレンドが来ている。「ローストビーフ」が乗ったラーメンのブームだ。言うまでもなく、牛肉の塊をオーブンなどで蒸し焼きにした料理。ラーメンのトッピングの定番といえばチャーシュー、いわゆる焼き豚だが代わりに牛肉を使っている。

ラーメンの上にローストビーフが乗るなんて

ラーメンを本格的に食べ歩き始めて10年強。これまでに通算3000杯以上、毎日のようにラーメンを食べてきたが、数年前まではラーメンの上にローストビーフが乗るなんて考えもしていなかった。

ローストビーフラーメンをメニューに取りそろえるラーメン店で勢いが目立つのは、新宿や新橋、秋葉原などに店舗展開する「ローストビーフ油そば ビースト」。オープンから約1年半で都内に7店舗を出店した。一般的なラーメン店が通常オープンから1年で4割が消えていく中で、この出店スピードは目を見張る。一番人気のメニューは「ローストビーフ油そば ダブル」(1300円)だ。

北千住に店を構えるローストビーフラーメンのブームの先駆者的存在である「牛骨らぁ麺マタドール」では、「贅沢焼牛塩らぁ麺(1050円)」という看板メニューが人気を博している。価格は1000円を超すが、かつての豚チャーシューには無い華やかさであっという間に火がついた。オープンから6年経った今でも、メディアからの取材が多い。

そのほかにも銀座や高田馬場に店を構える「銀座 道玄」や新宿の肉バル「肉とワイン OKIGARU BAR」、曙橋にある「麺屋 西川」などのお店でもローストビーフラーメンが最近メニューに並ぶようになった。

次ページなぜ今、ローストビーフなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。