トランプ氏の入国制限令、東京でも抗議の声

アメリカ大使館前でデモ

 1月31日、難民やイスラム圏7カ国の市民を一時的に米入国禁止としたトランプ大統領の決定が波紋を広げる中、東京の米国大使館の近くで約30人の米市民が集まり、抗議の声を上げた(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 難民やイスラム圏7カ国の市民を一時的に米入国禁止としたトランプ大統領の決定が波紋を広げる中、東京の米国大使館の近くで31日、約30人の米市民が集まり、抗議の声を上げた。

デモに参加したユダヤ教指導者のデービッド・クニンさんは、移民の国として国を逃れてきた人を受け入れる慈愛といった、米国の価値観をトランプ大統領は破壊していると批判した。

デモ参加者らは、自身が米国へ帰国しても、トランプ大統領の「反アメリカ的な」政策に抵抗し続けると語っていた。

トランプ氏が発令した大統領令は、難民の受け入れとシリアなどイスラム圏7カ国からの旅行者の米入国を一時停止するというもので、内外からさまざまな批判を招いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。