トランプ氏の入国制限令、東京でも抗議の声

アメリカ大使館前でデモ

 1月31日、難民やイスラム圏7カ国の市民を一時的に米入国禁止としたトランプ大統領の決定が波紋を広げる中、東京の米国大使館の近くで約30人の米市民が集まり、抗議の声を上げた(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 難民やイスラム圏7カ国の市民を一時的に米入国禁止としたトランプ大統領の決定が波紋を広げる中、東京の米国大使館の近くで31日、約30人の米市民が集まり、抗議の声を上げた。

デモに参加したユダヤ教指導者のデービッド・クニンさんは、移民の国として国を逃れてきた人を受け入れる慈愛といった、米国の価値観をトランプ大統領は破壊していると批判した。

デモ参加者らは、自身が米国へ帰国しても、トランプ大統領の「反アメリカ的な」政策に抵抗し続けると語っていた。

トランプ氏が発令した大統領令は、難民の受け入れとシリアなどイスラム圏7カ国からの旅行者の米入国を一時停止するというもので、内外からさまざまな批判を招いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。