「カラオケに自信がない人」に教えたい知恵

テクニックは大事だがそれだけでもない

それから今に至るまで、ライブや楽曲制作においても「歌で思いを届ける」ことをずっと考え続けてきました。歌は本当にすてきなコミュニケーションツールです。

「音程がとれない」「高音が出ない」は気にしない

拙著『びっくりするほどカンタン! 誰でも歌がうまくなるDVDブック』で音と映像を交えて詳しく解説していますが、僕たちプロの歌手は、曲の世界観や感情をリスナーに伝えるため、さまざまなテクニックを使っています。

『びっくりするほどカンタン! 誰でも歌がうまくなるDVDブック』(アスコム)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

たとえば「アタック」というテクニックがあります。フレーズの頭を勢いよく、力強く歌います。スピード感、パワフルさがアップしてノリのいい感じになります。アップテンポな曲、元気のいい曲の歌い出しや盛り上げたいフレーズの頭で使うと、とても効果的です。

「第一印象が大事」というのは歌でも同じなのです。

歌い出しの表現方法はいろいろなパターンがあります。ゆったりした曲の場合は、逆に歌い出しをワンテンポ遅らせれば、幸せな気持ちや深い悲しみ、感慨などを表現できるでしょう。

スローテンポやしっとりした曲の最後で使う「タメ」というテクニックも効果的です。本来のリズムよりもややゆっくりめに歌うことで、余韻を残すことができます。曲やフレーズの出だしは慎重に、丁寧に歌っているのに、歌い終わりをあまり大切にしていない人は意外と多く、聴いている側を物足りない気分にさせないために有効です。

ほかにも「ミックスボイス」「しゃくり」「ビブラート」「こぶし」などのテクニックがあります。これらを使いこなせるようになれば、誰でも、どんな歌でも、情感豊かに歌えるようになり、歌うことがもっと楽しくなるはずです。

もっとも使い方によっては、テクニックは聴く人に「押しつけがましさ」を感じさせてしまいます。読者の皆さんもカラオケで「あの人の歌はテクニックがあるけど、心に響いてこないなあ」と思ったことはありませんか?

テクニックはあくまで感情をより豊かに表現するための道具。テクニックを磨くこと、披露することばかりに気を取られて、肝心の「心」を置き忘れてしまわないことが必要です。

歌を教えていると、よく「音程がとれない、高音が出ないけれど、どうすればいいか」と聞かれることがあります。正確な音程で歌え、高い音を無理なく出せることは、確かに大事かもしれません。歌い手の思いや曲の魅力が、相手に伝わりやすくなるからです。

ですが、音程がとれないこと、高音が出ないことを気にしすぎる必要はありません。音程やリズムが正確で、声量が豊かなら歌がうまいとは限らないからです。人によって意見は異なるかもしれませんが、僕はそういったことより「人の心をとらえられるかどうか」が大事だと考えています。

乱暴な言い方ですが「正確に歌う」ことは機械にもできます。しかし、言葉や音に感情を乗せて歌うことは、人間にしかできません。まず大事なのは、「相手に伝えたい」という気持ちを持って、自分らしく歌うこと。

それが、「歌がうまくなる」基本だと思います。たとえば、明るい歌を歌うときは、笑顔で歌う。それだけで歌は変わります。自然と声のトーンも変化し、歌声が明るくなり、相手に伝わります。正しい姿勢や正しいマイクの持ち方など、結構、簡単なことでもガラッと歌の表情は変わります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。