韓国、職権乱用で文化体育観光相を逮捕

「ブラックリスト」の作成を主導

 1月21日、韓国の検察当局は21日、趙允旋・文化体育観光相(写真)を職権乱用の疑いなどで逮捕した。20日撮影。提供写真(2017年 ロイター/ Yoo Seung-kwan/News1)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の検察当局は21日、趙允旋・文化体育観光相を職権乱用の疑いなどで逮捕した。趙容疑者は朴槿恵大統領に批判的な文化人や芸能関係者を記載した「ブラックリスト」の作成を主導した疑いが持たれている。

大統領に絡む一連の疑惑で、現職の閣僚が逮捕されるのは初めて。

ブラックリストに関連して金淇春元大統領秘書室長も逮捕された。

韓国政府と政府関連機関は、文化・芸能関係者の処罰やコンテンツの検閲のための「ガイドライン」として、ブラックリストを活用していたとされる。一方、大統領府はブラックリストの存在を否定している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT