韓国、職権乱用で文化体育観光相を逮捕

「ブラックリスト」の作成を主導

 1月21日、韓国の検察当局は21日、趙允旋・文化体育観光相(写真)を職権乱用の疑いなどで逮捕した。20日撮影。提供写真(2017年 ロイター/ Yoo Seung-kwan/News1)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の検察当局は21日、趙允旋・文化体育観光相を職権乱用の疑いなどで逮捕した。趙容疑者は朴槿恵大統領に批判的な文化人や芸能関係者を記載した「ブラックリスト」の作成を主導した疑いが持たれている。

大統領に絡む一連の疑惑で、現職の閣僚が逮捕されるのは初めて。

ブラックリストに関連して金淇春元大統領秘書室長も逮捕された。

韓国政府と政府関連機関は、文化・芸能関係者の処罰やコンテンツの検閲のための「ガイドライン」として、ブラックリストを活用していたとされる。一方、大統領府はブラックリストの存在を否定している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。