トランプ氏、フォードとクライスラーを称賛

米国内投資の計画表明で

 1月9日、トランプ次期米大統領は、自動車大手のフォード・モーターとフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が米国内に新規投資するとの方針を示したことを称賛した。写真はフロリダ州で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[デトロイト 9日 ロイター] - トランプ次期米大統領は9日、自動車大手のフォード・モーター<F.N>とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCAU.N>が米国内に新規投資するとの方針を示したことを称賛した。

フォードは前週、16億ドル規模のメキシコ新工場建設計画を取り止め、今後4年間は米ミシガン州の工場に7億ドルを投資し700人を新規雇用すると発表。FCAも8日、米国内の2工場に10億ドルを投じて設備の最新化を図るとともに、2000人の雇用を創出する計画を明らかにした。

両社とも、米国内への投資はビジネス上の決定で、トランプ氏からの圧力によるものではないと説明しているが、同氏が米国のビジネス環境の改善を目指していると評している。

トランプ氏は同日ツイッターで「ついに事は動き始めた。FCAはミシガン、オハイオ両州に10億ドルを投じ、2000人の雇用を創出する計画を発表した」とつぶやいた。その後のツイッターでは「フォードも先週、メキシコに10億ドル規模の工場を建設する替わりに、 ミシガン州および米国内で拡大していく計画を発表した。フォードとフィアット(・クライスラー)に感謝の意を表する」とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT