中国国家主席、「領土主権・海洋権益断固守る」

台湾海峡の状況は複雑で深刻

 1月1日、中国の習近平国家主席(写真)は新年の演説で、中国の領土主権と海洋権益について、いかなる言いがかりも許さないと述べた。2016年12月撮影(2017年 ロイター/ Nicolas Asouri/Pool)

[北京 1日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は新年の演説で、中国の領土主権と海洋権益について、いかなる言いがかりも許さないと述べた。国営メディアが12月31日夜に伝えた。

中国は、南シナ海の領有権をめぐり、フィリピン、台湾、ベトナム、マレーシア、ブルネイと対立している。

習主席は「われわれは、平和的発展を堅持し、われわれの領土主権、海洋権益、利益を断固守る」と表明。詳細には踏み込まず、「中国人民は、だれかがそれに言いがかりをつけることを決して許さないだろう」と述べた。

台湾については、新年のあいさつを述べるにとどめた。しかし、新華社によると、対台湾窓口である国務院台湾事務弁公室の張志軍主任は「2017年を見据えると、台湾海峡の状況は複雑で深刻であり、中台関係の展開は多くの不確定要素とリスクに直面している」と述べた。

台湾の蔡英文総統は12月31日、中国に「冷静に」対応する姿勢を示し、平和維持の方針を再確認する一方、2017年には不確定要素が台湾および台湾の防衛関連部門にとって試金石になるとも述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT