英国のEU離脱、まだ実現しない「本当の理由」

メイ首相が国民投票を覆す可能性も残る

が、EU離脱後のハード離脱派もソフト離脱派も、重要な点を見逃しているように思われる。離脱のための協定と、その後の関係を定める協定(たとえば英EU自由貿易協定)が同時に締結される保証は、何もない。離脱手続きを定めるEU条約の第50条には、「EUとの将来の関係のための枠組みを考慮に入れ、相手国と離脱のための取り決めを定める協定を交渉して、締結する」とある。異説もあるが、英国は離脱した後に初めて、EUとその後の関係を取り決めることができるのだ。

英国に居住するEU市民約300万人の権利(労働許可や社会福祉など)と、EUに居住する英国市民約200万人の権利を、EU離脱後にどうするか。EU予算(多年度枠組み)から、英国をどのように分離するのか。これらについて英国とEUは、2017年3月に予定されている離脱通告後から2年以内に、離脱協定をまず結ばなければならない。それには経過措置や暫定取り決めも含まれることになる。

その後初めて英国は、ハードな離脱とソフトな離脱のどちらかを達成すべく、EU側と交渉しなければならないのだ。少なくともEU側はそう考えている。ちなみにEUとカナダの自由貿易協定の交渉には7年を要した。

メイ首相抜きで開いたEU首脳会議

他方、EUでは、そのようなメイ政権内の路線対立をよそに、昨年12月15日にEUの首脳会議である欧州理事会がメイ首相抜きで開催され、「単一市場へのアクセスには、4つ(人・物・資本・サービス)の自由移動をすべて受け入れる必要がある」と表明した。この点で妥協の余地はないように思われる。離脱協定でハードな離脱をいったん行った後、ソフトな離脱を達成することなど、英国にとっては圧倒的に不利な交渉となろう。

その間、外国企業の撤退や投資の減少により、英国は深刻な景気後退と雇用不安に直面するかもしれない。英国にとって唯一有利な交渉カードは、EU離脱に共通安全保障・外交政策も含まれるため、EUに対して安全保障協力を約束することだろうか。トランプ次期米国大統領の対NATO(北大西洋条約機構)政策の不透明性や、ロシアの脅威などによって、欧州の安全保障環境が悪化しているからだ。

もっとも、英国にとって最善の策は、トゥスク欧州理事会常任議長が述べたように、「ハード・ブレグジットに代わる唯一真の選択肢は、ブレグジットをやめる」ことである。離脱した後になってEUに復帰しようとしても、改めて加盟申請をして交渉しなければならない。単一通貨や、人の移動の自由を定めたシェンゲン協定からオプトアウト(参加拒否)したり、予算還付制度が認められたりすることは、まずないだろう。それこそ英国にとって屈辱的な選択である。

次ページ再国民投票も早期解散もないはずだが・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。