豪州内陸部で日本人1人含む7人が行方不明

記録的豪雨で

 12月27日、オーストラリア内陸部で25─26日に発生した異例の豪雨で、日本人旅行者1人を含む7人が行方不明となっている。写真は現地で26日撮影。提供写真(2016年 ロイター)

[メルボルン 27日 ロイター] - オーストラリア内陸部で25─26日に発生した異例の豪雨で、日本人旅行者1人を含む7人が行方不明となっている。

地元警察によると、日本人1人以外はオーストラリア人の6人家族で、25日以降行方が分かっておらず、ヘリコプターでの捜索が進められている。

また北部準州(ノーザンテリトリー)の都市アリススプリングス付近で、日本人旅行者とみられる3人が乗った車が豪雨で流され、車の中に取り残された1人が行方不明だという。

豪雨が襲った地域には観光名所である巨大な一枚岩「エアーズロック」を擁するウルル・カタ・ジュダ国立公園がある。

エアーズロックでは、豪雨の影響でいくつもの滝が流れ落ちるような状況となり、同国立公園は25─26日に閉鎖されていたが、27日に再開された。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。