豪州内陸部で日本人1人含む7人が行方不明

記録的豪雨で

 12月27日、オーストラリア内陸部で25─26日に発生した異例の豪雨で、日本人旅行者1人を含む7人が行方不明となっている。写真は現地で26日撮影。提供写真(2016年 ロイター)

[メルボルン 27日 ロイター] - オーストラリア内陸部で25─26日に発生した異例の豪雨で、日本人旅行者1人を含む7人が行方不明となっている。

地元警察によると、日本人1人以外はオーストラリア人の6人家族で、25日以降行方が分かっておらず、ヘリコプターでの捜索が進められている。

また北部準州(ノーザンテリトリー)の都市アリススプリングス付近で、日本人旅行者とみられる3人が乗った車が豪雨で流され、車の中に取り残された1人が行方不明だという。

豪雨が襲った地域には観光名所である巨大な一枚岩「エアーズロック」を擁するウルル・カタ・ジュダ国立公園がある。

エアーズロックでは、豪雨の影響でいくつもの滝が流れ落ちるような状況となり、同国立公園は25─26日に閉鎖されていたが、27日に再開された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。