デキる人は5分の「スキマ時間」をこう使う パターン化しておけばもっと仕事ははかどる

拡大
縮小

これも、スキマ時間ができたそのときに何を聴こうか選ぶというのではなく、自分の“勝負曲”のようなものをいくつか持っておいていつでも聴けるようにしておくといいでしょう。ちなみに私の場合は集中力の高まる「ヘミシンク」というジャンルの音楽を聴いて自分自身にスイッチを入れています。

そして「仮眠」ですが、20分程度の仮眠が脳の働きを活性化させる効果があることが最近ではよく知られるようになってきました。仕事中に睡眠なんて、なんだかムダに見える……という人もいるかもしれませんが、こうしたブレークを入れることで仕事効率も上がりますので、ぜひ上手に取り入れてみてください。

ドラッカーも「まとまった時間」を意識していた

『トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ところで、スキマ時間の対極にあるのが「まとまった時間」です。著名な経営学者、ピーター・ドラッカーは、『経営者の条件』という本の中で、「成果を上げるためには自由に使える時間を大きくまとめる必要がある」と述べています。

そう考えると、スキマ時間というのはやはり残務処理などに費やし、それによって創出された「まとまった時間」で成果を出していこう、と考えるべきなのかもしれません。

ぜひスキマ時間という「床に落ちているおカネ」を拾ってみませんか。そしてそのおカネを大きくしていくために、まとまった時間で成果を出す動きをしていきましょう。

(構成:山岸美夕紀)
 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT