プーチン氏がサイバー攻撃に関与している?

オバマ米大統領が強く示唆

 12月16日、オバマ米大統領は、プーチン氏のサイバー攻撃関与を強く示唆した。写真はワシントンで同日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 16日 ロイター] - オバマ米大統領は16日、米大統領選挙へのサイバー攻撃による介入はロシアのプーチン大統領が指示していたとの見方を強く示唆した。ただ直接プーチン大統領を非難することは避け、米国の情報機関の報告を待つとの立場を示した。

オバマ大統領は記者会見で、プーチン氏は個人的にサイバー攻撃に関与していたかとの質問に対し、「サイバー攻撃はロシア政府の最高レベルで起きたできごとだった」とし、「ロシアではプーチン氏の関与なしに多くのことは起こらない」と述べた。

ただ、来月20日の退任までに米国の情報機関が取りまとめる報告を待ちたいと述べ、プーチン大統領を直接非難することは避けた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。