アディダスが「暗闇エクササイズ」と組む理由

「サッカー」「男性」のイメージを払拭したい!

2016年2月にはアディダス史上初となる女性専用ランニングシューズを発表。3月、4月には女性の国内初となるウィメンズストア(女性専門店)をそれぞれ博多、有楽町にオープンしている。広告塔には女優の榮倉奈々を据え「女性向けのアディダス」を強くアピールしてきた。

アディダスは今年2月から女性向けスポーツ商品の展開を強化している(写真は2016年春夏向け商品 記者撮影)

商品だけでなく、女性がスポーツを楽しめる環境を提供するために、前述のスポーツコミュニティ「Me CAMP」も2月に立ち上げている。

「Me CAMP」は毎週末開催されており、参加者は20~40代の女性が中心だ。今年10月まで1000人超が参加している。これまではヨガやランニング、ボルダリング、資生堂の日焼け止め商品・パナソニックのトレーニングギアとのコラボなどをしてきた。

女性からのブランド支持率は「NIKE」超え! 

女性向け商品の広告塔には女優の榮倉奈々さんを起用している(写真:記者撮影)

トレーニング部門責任者でウィメンズプロジェクトを統括する山田恭子氏は、女性市場に最注力する理由として「日常的にジムに通うなど女性がスポーツに感化されるようになっている。洋服などを買う頻度を考えても女性のマーケットを放っておく手はないと思った。『サッカー』『男性的』といったアディダスのイメージを払拭したい」と語る。

女性向け強化の取り組みをスタートして以降、アディダスの女性関連商品の売上高は2ケタ以上の伸びを記録している。社内調査では女性からのブランド支持率がライバルのナイキを大きく引き離すようになったという。山田氏は「Me CAMPの参加者が増えて基盤はできたと思っていたが、ここまですぐに反響が出るとは思わなかった。すごくポジティブな結果を出すことができている」と語る。

すでに2017年に向けてのパートナー探しも継続しており、アパレルメーカーとのコラボなども検討しているという。成長市場といわれる女性スポーツ用品市場において、アディダスの勢いが一段と増しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT