常磐線復旧は「移転後の街」を活性化するか

相馬と仙台が鉄道で再びつながった

運転再開を祝って、各駅には装飾が施された

東日本大震災による津波で長期間不通となっていた常磐線の相馬-浜吉田間の復旧工事が完成し、2016年12月10日より営業運転を再開した。

福島県相馬市、新地町と宮城県山元町、亘理(わたり)町にまたがるこの区間は、震災前は22.6キロメートルあった。だが、津波で流出した海岸沿いの集落の山側への集団移転に伴い、線路も内陸部へ移設。復旧後の営業キロは23.2キロメートルと0.6キロメートル長くなった。途中駅のうち被害甚大であった新地(新地町)、坂元、山下(以上2駅は山元町)の各駅も、新しく建設された町に移っている。

相馬-浜吉田間の復旧計画は、新しい町づくりと連携して行うことが、地元自治体とJR東日本との間で合意に至ったことから、2012年9月にスタートした。2014年春には着工。約3年間と見込まれていた工事も、順調に進んだことから工期が短くなり、完成が2017年春から2016年12月へと繰り上げられたのである。

今回の運転再開によって、運転再開済みの小高-原ノ町-相馬間と合わせて、小高(福島県南相馬市)-仙台間が鉄道で結ばれ、相馬-亘理間で運転されていた列車代行バスが、前日の12月9日限りで運行を終了。常磐線関連のバス代行区間は、福島第一原子力発電所事故に伴う、竜田-原ノ町間のみとなった。

再開を待ち望んだ住民らが乗車

移設区間における、下り運転再開一番列車は、山下5時42分発の仙台行きで、相馬からは5時38分発の同じく仙台行きだった。県境をまたぎ、特に県立高校生の移動がないことから、一部の列車が山下、もしくは新地始発終着(坂元では折返しができない)となっているのは震災前と同じだ。

山下発の一番列車には、運転再開を歓迎する地元住民の試乗が目立ったようである。相馬からの一番列車も、途中、駒ヶ嶺-新地間で鳥とぶつかり、安全確認のため約20分の遅延を出したものの、やはり鉄道ファンを交えた試乗客が目立った。

次ページ車内放送では線路移設の説明も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT