NetflixのSFドラマ広告のスゴい仕掛け

アドブロック利用者を狙い撃ち

広告をブロックしている人にも語りかけるSFドラマ「ブラック・ミラー」(写真:Netflixより)

技術の進歩は素晴らしいが、それを悪用する人間も必ず存在する。ダークなSFドラマ「ブラック・ミラー」をNetflixで視聴した人なら、その意味がよくわかるだろう。

ドラマ「ブラック・ミラー」のスマートな広告

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

Netflixと同社のエージェンシーであるマレンロー・メディアパブは11月、そうしたドラマのテーマを巧みに利用し、新シーズンを宣伝するスマートな方法を編み出した。それは、アドブロッカーをターゲットにするというものだ。

アドブロッカーをインストールしている人が、たとえば米テックメディア「ザ・ネクストウェブ」にアクセスすると、次のような警告メッセージを伴う広告が表示される。「ハロー、アドブロッカーのユーザー。あなたには広告が見えない。だが、広告にはあなたが見える」(以下、Tweetを参照)。

これは、現代テクノロジーをダークに風刺するドラマの雰囲気によく合う。一方、アドブロッカーを利用していない人がアクセスすると、「ブラック・ミラー」を宣伝する通常の広告が表示される。どちらの広告でも、サイト訪問者がクリックすると、同番組を視聴できるNetflixへ誘導されるのだ。

次ページ実施した企業は3社
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。