「カジノ企業」は、どうやって稼いでいるのか

米国の大手「ラスベガス・サンズ」を徹底分析

したがって、Rolling Chip Volumeは高額掛け金を支払う客が賭けた金額の総額ということになる。払い戻しは通常のチップで、手元に残ったチップで換金する。その代わりに、VIPには豪華なプレイルームの使用や宿泊費の割引などさまざまな特典が付与される。ジャンケットと呼ばれる人が付き添い、車の手配業務などをこなしてくれる優遇ぶりだ。

つまり、掛け金は高額になるけれど特典を与えるよ、という仕組みだ。

キャッシュバックサービスの一種でコンプと呼んでいるカジノもある。ここで冒頭に示した数字が登場する。3.08%というのは、最終的な運営者側の取り分の割合だ。同社の場合は3%程度に設定している。それに対して、一般客は24.5%。VIPに対しては還元率を高くするが、大枚を払ってくれる客数を増やすことで儲けている、という図式を示す。

言い換えれば、大金を使う客を気持ちよくさせる、というのがカジノビジネス成功の秘訣ということになる。

順風満帆かといえばそうではない

『米国会社四季報』(東洋経済新報社)。米国の企業情報を見やすくまとめて掲載。業績・財務情報はもちろん、連続増配やIoTなどの投資テーマ、展開ブランド名、ライバル企業など企業をつかみやすくする付随情報も満載。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただし、カジノが順風満帆かといえばそうではない。中国の景気鈍化に加えて、最大部門マカオの主要な顧客である中国の富裕層からの収入が、習金平体制の贈収賄の規制強化により激減。2015年は前期比20%超の大幅減収となった。そこで、力を入れ出したのが一般客の開拓だ。

こういった戦略の見直しが功を奏し、顧客数の下げ止まりや飲食の増収により、足元では業績が底打ちの兆しを見せている。ここからは勝手な推測だが、最初は少ない掛け金で遊んでいるうちに、さらなる快楽を求めて大きく張りたくなるのが人の常だ。まずは一般客層を開拓してから、特典の魅力を活用し、高単価のVIP層に誘導する、というのが次の一手になることは容易に想像できる。

法案成立によって、日本にカジノが誘致される方向になれば、ラスベガス・サンズをはじめとする米国カジノ企業が、日本進出の機会を伺うことも予想される。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。