OPEC減産に不透明感、専門家会合物別れ

イラクとイランが依然として減産に抵抗

 11月28日、OPEC専門家会合は、具体策に関する合意なく協議を終えた。写真はカリフォルニア州のガソリンスタンドで2012年3月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ウィーン 28日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は30日の総会を控え、減産合意の実現に向けた詰めの交渉を急いでいるが、28日開かれた専門家会合は具体策に関する合意なく協議を終えた。OPEC筋がロイターに対し明らかにした。

OPEC内で第2、第3の産油国であるイラクとイランが依然として減産に抵抗しており、話し合いはまとまらなかったという。

週末には、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が、産油国が介入しなくても原油市場は2017年に均衡するとの考えを表明。8年ぶりの減産の実現性をめぐり、不透明感が高まっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。