OPEC減産に不透明感、専門家会合物別れ

イラクとイランが依然として減産に抵抗

 11月28日、OPEC専門家会合は、具体策に関する合意なく協議を終えた。写真はカリフォルニア州のガソリンスタンドで2012年3月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ウィーン 28日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は30日の総会を控え、減産合意の実現に向けた詰めの交渉を急いでいるが、28日開かれた専門家会合は具体策に関する合意なく協議を終えた。OPEC筋がロイターに対し明らかにした。

OPEC内で第2、第3の産油国であるイラクとイランが依然として減産に抵抗しており、話し合いはまとまらなかったという。

週末には、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が、産油国が介入しなくても原油市場は2017年に均衡するとの考えを表明。8年ぶりの減産の実現性をめぐり、不透明感が高まっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT