東京五輪、結局は会場変更を見送る可能性

コスト削減で済ませる方向

 11月24日、2020年東京五輪の競技会場について、東京都は開催地の計画を変更する可能性は低いものの、縮小案でコスト削減に努める方向で進める。9月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[24日 ロイター] - 2020年東京五輪の競技会場の見直し問題について、東京都は開催地の計画を変更する可能性は低いものの、縮小案でコスト削減に努める方向で進める。日本のメディアが24日報じた。

小池百合子都知事は初期の見積もりの4倍にも膨れ上がった3兆円のコストを削減するため、ボートとカヌー・スプリント、水泳、バレーボールの開催地を変更するよう提案していたが、五輪関係者らから反発が出ていた。

そこで新設はするものの、当初計画されていたコストを削減する方針に転換。ボートなどの「海の森水上競技場」はスタンドなどを仮設とし、整備費は491億円から298億円までの引き下げを計画している。同様に水泳の会場なども計画を部分修正する。

この案について東京都、政府、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)が話し合い、11月末に最終決定することになっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT