仕事のできない人は悪徳セミナーに騙される

裏側にある「巻き上げ」のカラクリを知れ

Aさんいわく、セミナーが終わったあと一人ひとりに強くクロージングをかければ、ほとんどの人が高額なバックエンド商品を購入するとのこと。バックエンド商品とは集客のためのフロントエンド商品の裏側に控える、主催者が本当に売りたい高額商品のことです。

もちろん、高額商品が売れれば私の会社の懐はうるおいますが、無理に売りつけるのは、顧客のためにも自分のためにもならないと思い、このアドバイスは聞き流しました。やはり商品を購入するかどうかは、顧客の意思に任せるのが真っ当な商売のあり方だと思います。

ノウハウを出し惜しみするセミナーも要注意

『起業して食える人・食えない人』(日本実業出版社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、実際にはAさんが言うような強烈なクロージングをかけてくるセミナーは存在します。悪質なものになると、高額商品を買うまで帰さないセミナーもあると聞きます。セミナーの参加者は、高額になればなるほど、納得したうえで商品の購入を決断したほうがいいでしょう。セミナー直後は気分が高揚しているので、勢いにまかせて財布のひもを緩めてしまいがちですからなおさら気をつけなければいけません。

そもそも、バックエンド商品をしつこく売るようなセミナーは、良心的だとはいえません。ノウハウを出し惜しみするセミナーも要注意です。期待感を高めるばかりで、具体的なノウハウが出てこない場合は、うしろに高額商品が控えている可能性があります。良質なセミナーは、3000円の参加費でも決してノウハウの出し惜しみはしません。

また、知り合いの紹介を義務付けるマルチ商法的なセミナーにも近づいてはいけません。「セミナーの内容がよかったから」と自分の意思で紹介するのはいいですが、参加者にノルマを与えて参加者(信者)同士を競争させるようなセミナーは、受講者の幸せよりも、自分たちの金儲けを優先していると言わざるをえません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT