「ガンダム」アニメ最新作、バンナムの仕掛け

累計4億個のガンプラ、幅広い世代にアピール

7月2日の新作アニメ発表会には、人気アイドルグループ「SKE48」の松井玲奈さんがゲストで登場。トークショーで、松井さんは「中学生のころからガンダムにはまり、ガンプラもよくつくっていて家にも飾っている」などの秘話を明かした。バンダイナムコはこうしたイメージづくりによって、男の子や父親という男性でなく、女性客にもガンダムやガンプラに目を向けてもらいたいという狙いもありそうだ。

バンダイは上野社長が「チーフガンダムオフィサー」という役職に就いているように、ガンダムという自社の強力なコンテンツを、ガンプラだけでなく、カードゲームやゲームソフトなどの派生のビジネスへいかに結び付けていくかが、大きな経営のテーマとなっている。過去のガンダムシリーズで撒いてきた種を果実として一気に刈り取ることを狙った、新作アニメ「ガンダムビルドファイターズ」が、この秋、始動する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング