NZ地震、孤立した観光客らの避難始まる 

約1200人の観光客が現地に

 11月15日、大地震から見舞われたニュージーランドで、軍や救助隊が、震源地近くの南島カイコウラに取り残された数百人の観光客や住民らの避難させる作業を開始した。写真はニュージーランドの首都ウェリントンのホテルで街からの脱出を待つ旅行者。撮影(2016年 ロイター/Lincoln Feast)

[ウェリントン 15日 ロイター] - 大地震から見舞われたニュージーランドで15日、軍や救助隊が、震源地近くの南島カイコウラに取り残された数百人の観光客や住民らの避難させる作業を開始した。

14日未明に発生したマグニチュード(M)7.8の地震では、2人が死亡。建物の倒壊に加え、南島の北東部を通る道路や鉄道が寸断された。

クライストチャーチの北東約150キロに位置し、ホエールウオッチングの基地として有名なカイコウラは、大規模な土砂崩れで完全に孤立した。

空軍のダリン・ウェブ司令官がTVNZに明らかにしたところによると、軍のヘリコプター4機が15日朝、現地に到着したほか、海軍のカンタベリー多目的艦が現地に向かっている。観光客や住民約200人を救出する予定だという。

当局によると、約1200人の観光客が現地に取り残されている。

カイコウラ周辺で観光業や漁業を営む先住民族マオリ・ナイ・タフ部族のリーダー、マーク・ソロモン氏は、14日の朝以降、1000人をマラエ(マオリの集会場)に受け入れたと述べた。多くは共同ホールや屋外の自動車で夜を過ごし、南島名物の「クレイフィッシュ(ニュージーランド産伊勢えび)」のもてなしを受けたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。