米大統領選、クリントン候補の勝率は90%

ロイター/イプソス調査は前週とほぼ同じ

 11月7日公表されたロイター/イプソスの米大統領選前最後となる週間世論調査によると、8日の大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン氏(写真右)が勝利する確率は約90%となった。左はトランプ氏(2016年 ロイター/Carlo Allegri/Carlos Barria)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 7日公表されたロイター/イプソスの米大統領選前最後となる週間世論調査によると、8日の大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン氏が勝利する確率は約90%となった。クリントン氏の勝率は前週の調査結果とほぼ同じだった。

この調査は全米50州とワシントンDCに住む約1万5000人を対象に毎週行うもの。

6日まで実施された週間調査に基づく予想では、大統領選でクリントン氏の選挙人獲得数は303人となり、当選に必要な270人を大きく上回る見通し。一方、共和党候補のドナルド・トランプ氏の獲得数は235人と予想されている。

最新調査では、フロリダ、ミシガン、ノースカロライナ、オハイオの各州で両候補への支持が拮抗。ペンシルバニア州ではクリントン氏のリードがわずか3ポイントだった。トランプ氏が予想を覆して大統領選で勝利するには、これら激戦州の大半を制する必要があるとみられる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT