日経平均は続伸し1万3000円回復

円高一服や米出口懸念の後退、株価に値ごろ感も

17日の東京株式市場は2営業日続伸。日経平均株価は前週末終値比346円60銭高の1万3033円12銭、TOPIX(東証株価指数)は同28.27ポイント高の1084.72で取引を終えた。東証1部の出来高は概算で25億0430万株、売買代金は1兆9838億円と低調だった。1日当たりの売買代金が2兆円を割り込んだのは、3月29日の1兆8255億円以来となる。

14日に発表された5月の米鉱工業生産指数や6月の米消費者態度指数が市場の予測を下回ったことから、前週末の米国市場はNYダウ、ナスダック総合、S&P500がそろって前日比マイナスに下落。ただ、下落幅は小さく、欧州主要市場は軒並み反発した。

本日の東京市場では、朝方の外国証券経由の売買注文が売り1240万株に対し、買い1640万株で、差し引き400万株、2日連続の買い越しだった。

日経平均は底堅さも意識

日経平均株価は寄り付きが前週末比102円安の1万2584円でスタート。9時03分には、本日の安値1万2549円まで下げたが、その後はじりじり上昇し、152円高の1万2838円で午前の取引を終えた。

昼のバスケット取引は209億円成立し、「売り買い均衡」と伝えられた。アジア市場はシンガポール、台湾、上海などが前週末比プラスとなり、総じて堅調だった。

午後も東京市場は高値圏で推移。後場寄りの日経平均は、午前の終値を上回る1万2853円でスタートした。直近の安値である13日ザラバの1万2415円を下回らなかったことで底堅さが意識され、後場は始値を一度も下回ることなく、上昇を続けた。

次ページ株価下落で値ごろ感も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。