ファナックも前のめり、産業ロボット大増産

世界中で需要沸騰、出荷台数は過去最多に

自動車をはじめとして産業用ロボットの用途は幅広く、あらゆる工場で引っ張りだこだ(撮影:今井康一)

「ロボットの受注は世界的にたいへん好調。どの地域でも需要が旺盛だ」

産業用ロボット大手、ファナックの稲葉善治会長は大きな手応えを感じている。工場の自動化に欠かせない産業用ロボットは今、米国や中国を中心に自動車工場での需要が多い。それ以外のあらゆる業界でも人件費の高騰や人手不足の解決策として、今後活用の場が広がるとみられる。

ファナックは国内で新工場建設へ

日本ロボット工業会によれば、2016年7〜9月の出荷は3万7680台と13四半期連続で前年同期を上回り、四半期で過去最多となった。国際ロボット連盟は、世界のロボット出荷を今後4年で6割増加すると予測する。

ファナックは現在毎月5000台のロボットを生産しているが、最近は月によって受注が生産能力を超えることもあり工場は超繁忙だ。

そこで10月に増産計画を発表。小型工作機械を生産する筑波工場の一部を、2017年4月までにロボット生産用に転換する。生産能力は2割増え、月産6000台となる。さらに筑波工場の隣接地を約55億円で取得、需要に合わせてロボット工場の建設を進める。

次ページ欧州でもチャンスが増えてきた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT