韓国検察、前大統領府高官の身柄を拘束

財団への寄付強要の疑い

 11月3日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官(写真)の身柄を拘束した。2日撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官の身柄を拘束した。

検察は、安氏と崔氏が韓国のコングロマリット(複合企業)に対し、非営利財団に寄付するよう強要した疑いについて調査しているとしていた。

安氏は、崔氏をめぐる問題が深刻化した前月下旬に政策調整首席秘書官を辞任した。

安氏は、検察の建物の外で記者団に、自分の行為について責任をとるつもりだと述べた。

3日朝の段階で安氏の弁護士のコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。