韓国検察、前大統領府高官の身柄を拘束

財団への寄付強要の疑い

 11月3日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官(写真)の身柄を拘束した。2日撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官の身柄を拘束した。

検察は、安氏と崔氏が韓国のコングロマリット(複合企業)に対し、非営利財団に寄付するよう強要した疑いについて調査しているとしていた。

安氏は、崔氏をめぐる問題が深刻化した前月下旬に政策調整首席秘書官を辞任した。

安氏は、検察の建物の外で記者団に、自分の行為について責任をとるつもりだと述べた。

3日朝の段階で安氏の弁護士のコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT