韓国検察、前大統領府高官の身柄を拘束

財団への寄付強要の疑い

 11月3日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官(写真)の身柄を拘束した。2日撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を調査している検察当局は2日夜、安鍾範・前大統領府政策調整首席秘書官の身柄を拘束した。

検察は、安氏と崔氏が韓国のコングロマリット(複合企業)に対し、非営利財団に寄付するよう強要した疑いについて調査しているとしていた。

安氏は、崔氏をめぐる問題が深刻化した前月下旬に政策調整首席秘書官を辞任した。

安氏は、検察の建物の外で記者団に、自分の行為について責任をとるつもりだと述べた。

3日朝の段階で安氏の弁護士のコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT