アサヒグループ、評価損371億円計上 

中国出資企業で投資有価証券評価損

 10月25日、アサヒグループホールディングス は、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。写真は都内で5月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は25日、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。中国の景気減速に加え、為替も影響している。アサヒは、連結子会社を通じて、頂新HDに6.5%出資している。

16年12月期連結業績(日本基準)への影響については現在精査中のため、11月2日に予定している決算発表時に開示するとしている。同社は、持分法適用会社である康師傅飲品の保有株の一部を売却、特別利益148億円を計上すると発表している。これら保有資産の見直しを併せて、業績見通しを発表することになる。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT