アサヒグループ、評価損371億円計上 

中国出資企業で投資有価証券評価損

 10月25日、アサヒグループホールディングス は、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。写真は都内で5月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は25日、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。中国の景気減速に加え、為替も影響している。アサヒは、連結子会社を通じて、頂新HDに6.5%出資している。

16年12月期連結業績(日本基準)への影響については現在精査中のため、11月2日に予定している決算発表時に開示するとしている。同社は、持分法適用会社である康師傅飲品の保有株の一部を売却、特別利益148億円を計上すると発表している。これら保有資産の見直しを併せて、業績見通しを発表することになる。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。