アサヒグループ、評価損371億円計上 

中国出資企業で投資有価証券評価損

 10月25日、アサヒグループホールディングス は、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。写真は都内で5月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は25日、中国食品・流通大手である頂新ホールディングスについて、2016年12月期に投資有価証券評価損として371億円を特別損失に計上すると発表した。中国の景気減速に加え、為替も影響している。アサヒは、連結子会社を通じて、頂新HDに6.5%出資している。

16年12月期連結業績(日本基準)への影響については現在精査中のため、11月2日に予定している決算発表時に開示するとしている。同社は、持分法適用会社である康師傅飲品の保有株の一部を売却、特別利益148億円を計上すると発表している。これら保有資産の見直しを併せて、業績見通しを発表することになる。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT