日経平均はまたも大幅反落 失望売りで1万3000円割れ目前

印刷
A
A

安倍首相の成長戦略に失望売り

安倍首相が都内で講演し「しっかり実体経済を成長させる」などと述べたが、成長戦略の具体的な項目に新味なし、との評価が伝えられ、急速に下げが加速した。ヘッジファンドが安倍首相の講演内容を受けて、先物市場で円買い、株売りを仕掛けているとの声も出ている。

東証33業種別では、前日に下げた空運を除く32業種がそろって下落。下落率トップはガスの7.92%、次いで証券の7.56%、その他金融の6.08%、保険の5.87%。東証一部の値上がり銘柄数は、340で全体の19.8%、値下がり銘柄数は1325で全体の77.2%。変わらずが51銘柄。

個別株では、ファーストリテイリング、ファナックが下落。東電がストップ安、関西電力も売られた。野村ホールディングス、大和証券グループが下げ、三菱UFJなど銀行株も安い。三菱地所など不動産株も下落。トヨタ、ホンダ、ソニーなど輸出関連株も軒並み売られた。

明日のECB(欧州中央銀行)理事会での政策変更はないと見られているが、6月7日の米雇用統計は来週の相場を左右する焦点となりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT