独り勝ち続く任天堂 国内販売で一抹の不安

独り勝ち続く任天堂 国内販売で一抹の不安

「ニンテンドーDS」が売れまくり業績は急拡大。
だが、国内でWiiの売れ行きに減速感が出てきた。
(『週刊東洋経済』11月10日号より)

 まさに「わが世の春」。任天堂が10月25日に発表した2007年度中間決算は売り上げ、営業利益とも過去最高を大幅に更新した。通年の営業利益も過去最高だった前期の倍近い4200億円になる見通しだ。

 拡大の牽引役は携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」。国内で大ブームを巻き起こしたDSは、今や欧米でも本格的な普及期に入っており、利益の源泉となるソフト販売も絶好調だ。昨年末に発売した据え置き型の「Wii」が早くも収益に貢献し始め、全体の利益を押し上げている。

意外に早い息切れか

 完全無欠に見える同社だが、Wiiの国内販売に気掛かりな動きもある。国内の普及台数は9月末で350万台超と「PS3」(121万台)や「Xbox360」(45万台)を大きくリードする。だが、8月下旬から勢いが鈍化。毎月30万台近くあった店頭実売数が9月に初めて20万台を大きく割り込んだのだ。これは発売から3年近く経過したDSと比べて半分以下の水準で、大手家電量販のバイヤーは「正直、息切れしてきた感は否めない。今では結構な数の在庫もある」と漏らす。

 コントローラーを片手で動かすだけで遊べるWiiは、年齢を問わず誰でも気軽に遊べる。それだけに「操作が単調すぎて、どのソフトもすぐに飽きる」(20代女性)との声も少なくない。『週刊ファミ通』を発行するエンターブレインが直近に行った調査では「最近はあまりWiiで遊んでいない」と回答したWii所有者が7割弱もいた。

 そこで新たなカンフル剤にともくろむのが「WiiFit(フィット)」。体重計の形をしたボードの上に乗り肥満度の測定ができるうえ、ヨガやバランス感覚を養うミニゲームも楽しめる。家族はもちろん、健康に関心のある女性や中高年など幅広いユーザー層を取り込む狙いだ。12月に日本で先行発売、「これが日本で受け入れられると、来年以降のWiiの展開に大きな弾みがつく」(岩田聡社長)。

 振り返れば、DSも発売から半年後に登場した「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が大ヒットの起爆剤となった。DSで脳を鍛え、次はWiiフィットで体を鍛える--。はたして、今回もまた任天堂が描くシナリオどおりになるか。

(書き手:渡辺清治、中島順一郎 撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT