トヨタが1位奪還、純利益トップ200

13年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も

ROE30%超!高収益の理由

ROE(自己資本利益率)が30%を超えるなど、小さい資本で大きな利益をあげる企業も散見された。IT、ネット系が強く、85位のグリー、90位のDeNA、そして155位の日本オラクルが30%を軽く超えた。DeNAや日本オラクルは新年度もさらに利益を伸ばしそうだが、グリーについては、今13年6月期に大幅な減益が予想されており、純益も半減となりそうだ。

181位に入った高岳製作所と東光電気の経営統合会社、東光高岳ホールディングスも42%と高い。これは負ののれん益が巨額だったため。新年度は12億円あまりに純益が落ち着く見通しだ。もちろん、24位に入った日本航空のROEが30%を超えたのも税負担が軽減されている影響も小さくなさそうだ。

次ページ苦戦した業種、回復する業種
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT