トヨタが1位奪還、純利益トップ200

13年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も

ROE30%超!高収益の理由

ROE(自己資本利益率)が30%を超えるなど、小さい資本で大きな利益をあげる企業も散見された。IT、ネット系が強く、85位のグリー、90位のDeNA、そして155位の日本オラクルが30%を軽く超えた。DeNAや日本オラクルは新年度もさらに利益を伸ばしそうだが、グリーについては、今13年6月期に大幅な減益が予想されており、純益も半減となりそうだ。

181位に入った高岳製作所と東光電気の経営統合会社、東光高岳ホールディングスも42%と高い。これは負ののれん益が巨額だったため。新年度は12億円あまりに純益が落ち着く見通しだ。もちろん、24位に入った日本航空のROEが30%を超えたのも税負担が軽減されている影響も小さくなさそうだ。

次ページ苦戦した業種、回復する業種
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT