トヨタが1位奪還、純利益トップ200

13年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も

苦戦した業種、回復する業種

有力ながらも、ランキングで目立たなかった業界はどこか。原発の停止により軒並み赤字となった電力業界はもちろん、中国での供給過剰などから市況が悪化しマージン縮小に苦しんだ鉄鋼などだ。鉄鋼は、最大手の新日鉄住金が大規模な減損で大幅赤字に沈んだことで、業界全体としては赤字となってしまった。この鉄鋼の不振のあおりを受けたのが海運業界。主力のバラ積み船で鉄鉱石などの輸送が縮小、海運市況が急落した。新船投入も裏目に出て大幅な赤字に陥った。

もちろん、テレビの不振がきつかった電気機器も連続赤字だった。パナソニックはAV機器中心に振るわないながらも1609億円の営業黒字を出したがのれん減損など重く7542億円の赤字。シャープは営業段階から赤字で、最終は5453億円の赤字と、巨額の赤字に沈んだ。

東洋経済は「会社四季報」夏号(6月14日発売)で、全上場企業の今年度・来年度の業績予想を掲載している。今回のランキングと併せて、今後のトレンドを占う参考となるので、ぜひお読みいただきたい。

(撮影:風間 仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT