トヨタが1位奪還、純利益トップ200

13年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も

ソニー復活か

12年3月期に4566億円の赤字に沈んだソニーも430億円の最終利益をあげ、102位まで順位を戻してきた。本業外の資産売却で稼いだ特別利益が大きいが、期末に向けた対ユーロでの円安進行もプラスに効いた。

JFEホールディングスも赤字から395億円の黒字に戻した。12年3月期は持分法適用会社のインド鉄鋼大手、JSWの不振に苦しんだが、今期は徹底したコスト削減で利益を搾り出した。高炉大手では輸出比率が高く、下期の円安進行もプラスに働いた。

なお、花王やキーエンスなどは変則決算のため、増益率とROEを算出していない。花王は1期前は12年3月期は12カ月決算だったが、12年12月期は9カ月決算。キーエンスは1期前の12年6月期が3カ月決算で155億円、最新決算の13年3月期が9カ月決算で520億円だった。また、DeNAは、13年3月期からIFRSに会計方式を変更したため、増益率ははずした。

次ページROE30%超の理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT