中国の習主席、ドゥテルテ比大統領と会談

二国間関係の完全回復に期待

 10月20日、中国の習近平国家主席は、フィリピンのドゥテルテ大統領と北京で会談し、今回の歴史的な訪中によって両国の関係が「完全な回復」に向かうことを期待すると語った。写真は北京人民大会堂でのドゥテルテ大統領歓迎式典の模様(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 20日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は20日、フィリピンのドゥテルテ大統領と北京で会談し、今回の歴史的な訪中によって両国の関係が「完全な回復」に向かうことを期待すると語った。

両国は南シナ海の領有権をめぐり対立している。

習主席は会談で、中国とフィリピンは同胞であり、双方は争いに適切に対処できると述べた。南シナ海問題について具体的に言及することはなかった。

一方のドゥテルテ大統領は、両国の結束のルーツを容易に断ち切ることはできないと述べ、関係改善を望む姿勢を強調した。

ドゥテルテ氏は18日、フィリピン経済界の代表ら少なくとも200人と共に北京に到着。米国との長年にわたる同盟関係が悪化する中、新たな通商関係の構築を目指している。

南シナ海の領有権をめぐっては、7月に仲裁裁判所が中国の主張を退ける判断を示したが、中国はこの判断の受け入れを断固拒否している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。