フィリピン、多すぎる麻薬撲滅戦争の死者数

わずか3カ月間で3400人以上の死者

 10月4日、フィリピンのロナルド・デラロサ国家警察長官(写真)はフィリピンのドゥテルテ大統領が推進する麻薬撲滅戦争を執行する立場にある。この作戦ではわずか3カ月間で3400人以上の死者が出ている。写真は3日、首都マニラの南にあるパサイしで聴聞会に出席する同長官(2016年 ロイター/Romeo Ranoco)

[ラウニオン(フィリピン) 4日 ロイター] - フィリピンのロナルド・デラロサ国家警察長官が、ルソン島の地区本部で警官に激励の訓示を行うと、彼らはプレゼントで応えた。それは、米映画「ブレイブハート」で俳優メル・ギブソンが使った剣のレプリカだった。

恰幅のよい長官はにやりと笑うと、自分の背ほどもある剣を振り回してみせた。仮設テントの拡声器からは「勇者の中の勇者」と彼をたたえる声が流れた。

わずか3カ月間で3400人以上の死者

54歳のデラロサ長官は、フィリピンのドゥテルテ大統領が推進する麻薬撲滅戦争を執行する立場にある。この作戦ではわずか3カ月間で3400人以上の死者が出ている。

フィリピンで面積・人口とも最大のルソン島をデラロサ長官が訪れたのは、この作戦の血なまぐさい最前線に立つ警官たちを鼓舞するために行われている視察の一環である。

「職務を遂行するよう、彼らを励まさなければならない」と長官は先月この視察を取材したロイター記者に語った。「これは戦争だ」

警察は3日、ドゥテルテ大統領氏が就任した翌日7月1日以来、麻薬撲滅戦争によって1375人が射殺されたと発表。また「捜査過程での死亡」として他に2066人が殺されていると報告している。人権活動家によれば、これらの多くは自警団による殺害だという。

ロイターでは、これらの数値の正確性、そして死亡数のうちどの程度が自警団による殺害なのかを確認できなかった。

この麻薬撲滅戦争は諸外国からの怒りを買っている。だがフィリピン国内では、犯罪にうんざりした国民からの称賛を浴びており、市民団体からの批判の声も大きくない。

次ページデラロサ長官の人気は高い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT