JR九州の公開価格2600円、強い需要を反映

LINEを上回り、今年最大の新規株式公開に

2016年春で博多-鹿児島中央間の全線開業から5周年を迎えた九州新幹線(写真:tesshy / PIXTA)

[東京 17日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)<IPO-KYUR.T><9142.T>は17日、公開価格を1株当たり2600円に決定したと発表した。配当利回りの高さや、訪日観光客の強い伸びが安定した成長につながるといった見方が投資家の買い意欲を後押しし、仮条件(2400─2600円)の上限で決まった。

株式の売り出し規模は4160億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる。

いちよしアセットマネジメントの執行役員、秋野充成氏は「公開価格2600円でもJR3社に比べ割安。上場後は急激な上昇は見込みにくいが、底堅い値動きが期待できそう」と話した。

株式は10月25日に東京証券取引所に、26日に福岡証券取引所に上場する予定。東証では市場第1部に上場する。

売出しのグローバルコーディネーターは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券。

JR九州の株主、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する1億6000万株をすべて売り出す。このうち75%は国内の投資家、残りは海外投資家が購入する配分となった。新株は発行しない。

(江本恵美、取材協力:杉山容俊)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT