JR九州の公開価格2600円、強い需要を反映

LINEを上回り、今年最大の新規株式公開に

2016年春で博多-鹿児島中央間の全線開業から5周年を迎えた九州新幹線(写真:tesshy / PIXTA)

[東京 17日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)<IPO-KYUR.T><9142.T>は17日、公開価格を1株当たり2600円に決定したと発表した。配当利回りの高さや、訪日観光客の強い伸びが安定した成長につながるといった見方が投資家の買い意欲を後押しし、仮条件(2400─2600円)の上限で決まった。

株式の売り出し規模は4160億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる。

いちよしアセットマネジメントの執行役員、秋野充成氏は「公開価格2600円でもJR3社に比べ割安。上場後は急激な上昇は見込みにくいが、底堅い値動きが期待できそう」と話した。

株式は10月25日に東京証券取引所に、26日に福岡証券取引所に上場する予定。東証では市場第1部に上場する。

売出しのグローバルコーディネーターは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券。

JR九州の株主、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する1億6000万株をすべて売り出す。このうち75%は国内の投資家、残りは海外投資家が購入する配分となった。新株は発行しない。

(江本恵美、取材協力:杉山容俊)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT