TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由

ぶち当たる「壁」をどう乗り越えるべきか

苦労の甲斐があり、3カ月間の授業が全て終わる頃には、本領を発揮。クラスではトップの成績で修了証を手にしました。先生の質問に繰り返し答えることを続けたことで、自然と壁を越えて、英語で話している自分に気付いたと言います。卒業後は、地元の法律事務所で働けることになりました。そこで堅実な仕事ぶりが上司にも気に入られ、帰国前には仕事のオファーをもらうこともできました。

以上の3例から、英会話の壁を突破する人の特徴をまとめてみましょう。

留学中は、その英語環境により英語力を伸ばしやすいのですが、それでも相当の時間と労力を要するのが実際のようです。その中でも、壁を突破できた人には次のような特徴が挙げられます

「壁」を突破するための6つの法則

①一定期間、完全な英語環境(留学がベスト)に身を置く
②授業(インプット)と会話(アウトプット)のバランスがいい
ネイティブと話す機会を自ら作っている
④その日習ったフレーズは、その日のうちに数回繰り返し使う習慣をつける
⑤マンツーマン式や直接教授法など、会話に特化したカリキュラムを選択する
目標を明確にしている

 

いかがでしょう。短期間でも完全な英語環境に身を置くことが、英語上達の早道です。一度しかない人生、思い切って留学に参加してみてはいかがでしょうか。

留学ソムリエの詳細はホームページ、またはフェイスブックをご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。