どうなる日経平均?カギ握るバーナンキ議長

22日に米国で注目材料、株式相場が大きく動く可能性も

20日の日経平均株価は前週末比222円69銭高の1万5360円81銭で引け、2営業日続伸した。

テクニカル面では過熱だが、業績見通しが株価下支え

実は、前週のこの欄で「1万5000円を超えてくれば反落を警戒」という趣旨の相場見通しを書いたが、実際は力強い基調が続いている。

反落警戒の理由として用いたのは26週移動平均線からの乖離率だ。

1987年4月に日経平均は同線との乖離率が約30%に拡大したことがあるが、先週の後半時点で、四半世紀ぶりにほぼその水準に達した。

テクニカル面から歴史的な過熱感となっていることに注目して警戒を強めたわけだが、業績面での下支えというファクターを軽視していたことが反省点である。

次ページ輸出企業の想定レートは、現行水準よりも保守的
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。