どうなる日経平均?カギ握るバーナンキ議長

22日に米国で注目材料、株式相場が大きく動く可能性も

20日の日経平均株価は前週末比222円69銭高の1万5360円81銭で引け、2営業日続伸した。

テクニカル面では過熱だが、業績見通しが株価下支え

実は、前週のこの欄で「1万5000円を超えてくれば反落を警戒」という趣旨の相場見通しを書いたが、実際は力強い基調が続いている。

反落警戒の理由として用いたのは26週移動平均線からの乖離率だ。

1987年4月に日経平均は同線との乖離率が約30%に拡大したことがあるが、先週の後半時点で、四半世紀ぶりにほぼその水準に達した。

テクニカル面から歴史的な過熱感となっていることに注目して警戒を強めたわけだが、業績面での下支えというファクターを軽視していたことが反省点である。

次ページ輸出企業の想定レートは、現行水準よりも保守的
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT