どうなる日経平均?カギ握るバーナンキ議長

22日に米国で注目材料、株式相場が大きく動く可能性も

20日の日経平均株価は前週末比222円69銭高の1万5360円81銭で引け、2営業日続伸した。

テクニカル面では過熱だが、業績見通しが株価下支え

実は、前週のこの欄で「1万5000円を超えてくれば反落を警戒」という趣旨の相場見通しを書いたが、実際は力強い基調が続いている。

反落警戒の理由として用いたのは26週移動平均線からの乖離率だ。

1987年4月に日経平均は同線との乖離率が約30%に拡大したことがあるが、先週の後半時点で、四半世紀ぶりにほぼその水準に達した。

テクニカル面から歴史的な過熱感となっていることに注目して警戒を強めたわけだが、業績面での下支えというファクターを軽視していたことが反省点である。

次ページ輸出企業の想定レートは、現行水準よりも保守的
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT