新型「ディスカバリー」は一体何が変わったか

ランドローバーの主力車種をくまなく解剖

ランドローバー ディスカバリーがフルモデルチェンジし5代目へと進化した。ワールドプレミアの舞台、パリモータショー2016(パリ・サロン)の会場から大谷達也がレポートする。

記録破りの1年になると宣言

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イギリス王室御用達であることを示すロイヤルアームスがうやうやしく飾られたステージ上に登場したジャガー・ランドローバー最高経営責任者のラルフ・スペッツ博士は、まず、2016年が同社にとって記録破りの1年になると宣言。

そしてここパリで新型ディスカバリーがワールドプレミアを飾ると紹介したのち、スロヴァキアで新工場の建設が始まり、EVレースのフォーミュラEに今季より参戦し、ジャガー XFのワゴン版であるXF スポーツブレイクが2017年にデビューすることなどをアナウンスした。

そのなかでも最大のニュースといえば、ランドローバー ディスカバリーの発表だろう。その兄弟モデルというべきディスカバリー スポーツは2014年にデビューしているが、5人乗りのディスカバリー スポーツに対してディスカバリーは7人乗り。このため前者に比べてディカバリーは全高で約120mm、全幅で50mm、全長で380mmほど大きい。

次ページ動画で見る新型ランドローバー ディスカバリー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT