新型「ディスカバリー」は一体何が変わったか

ランドローバーの主力車種をくまなく解剖

ランドローバー ディスカバリーがフルモデルチェンジし5代目へと進化した。ワールドプレミアの舞台、パリモータショー2016(パリ・サロン)の会場から大谷達也がレポートする。

記録破りの1年になると宣言

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イギリス王室御用達であることを示すロイヤルアームスがうやうやしく飾られたステージ上に登場したジャガー・ランドローバー最高経営責任者のラルフ・スペッツ博士は、まず、2016年が同社にとって記録破りの1年になると宣言。

そしてここパリで新型ディスカバリーがワールドプレミアを飾ると紹介したのち、スロヴァキアで新工場の建設が始まり、EVレースのフォーミュラEに今季より参戦し、ジャガー XFのワゴン版であるXF スポーツブレイクが2017年にデビューすることなどをアナウンスした。

そのなかでも最大のニュースといえば、ランドローバー ディスカバリーの発表だろう。その兄弟モデルというべきディスカバリー スポーツは2014年にデビューしているが、5人乗りのディスカバリー スポーツに対してディスカバリーは7人乗り。このため前者に比べてディカバリーは全高で約120mm、全幅で50mm、全長で380mmほど大きい。

次ページ動画で見る新型ランドローバー ディスカバリー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。