心筋梗塞の画期的治療法、まず日本で投入へ

米国医療機器大手の日本法人社長に聞く

――日本におけるビジネスの現状は。

セント・ジュード・メディカルは、日本に進出してから80年の歴史を持っています。不整脈治療に使うアブレーションカテーテルといった、心房細動(AF)ならびに(ペースメーカーなど)カーディアック・リズム・マネジメント(CRM)関連の製品が、日本では技術面で優位性を持っているといえます。

日本で開発した技術はグローバルでも生かせる

セント・ジュード・メディカルの2012年の売り上げ規模は全世界で約55億ドル。このうち、日本での売上高は全体の12%を占め、米国に次ぐ第2の市場です。さまざまな製品や技術の開発のため、日本での投資を積極的に行っていますが、こうした技術は将来、グローバルに生かせると思っています。

――AFやCRM関連の製品の競争はかなり厳しいのではないですか。CRMに関しては、厚生労働省による保険償還価格改定(2012年度に実施)に伴う悪影響も広まっています。

「競争があるところに革新もある」と考えているので、競争はよいことだと思っています。AF関連のビジネスでは、競合他社の製品と併せて使えるようなオープン型のシステムにするという戦略を採っています。そうすることで、当社としても革新的な治療方法を提供できるようになりました。

CRMに関しては、横隔膜刺激などの回避が可能で、しかも、製品と心臓をつなぐリード線を留置する場所が悪くても、再手術せずに済むタイプのデバイスなどを投入しています。

難治性の偏頭痛やうつも治療できる製品を開発へ

――「心臓血管外科」や「ニューロモデュレーション(神経系)」の領域へも展開しています。

心臓血管系の分野ではもともと、人工心臓弁として独自の機械弁を作っていましたが近年、(ウシの心膜やブタの心臓弁を使用した)生体弁も発売して品ぞろえを強化しました。なかでも、機械弁では日本のマーケットリーダーといえるでしょう。今回投入したFFRとOCT活用の新システムも心臓血管系に属するものです。

ニューロモデュレーションについては、電気刺激によって慢性疼痛を治療する「SCS」と呼ばれるシステムなど、研究開発の初期段階です。革新的治療法として難治性の偏頭痛、うつなどを治療できるような製品の開発なども手掛けています。

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT